×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠時間の短縮方法

Q.睡眠時間を3時間短縮する方法

健康にいい理想の睡眠時間の平均は?

現在、日本人の5人に一人が睡眠不足で悩んでいると言われています。

健康のためには、睡眠は不可欠です。

では、理想の睡眠時間はどの位なのでしょうか。「1日8時間睡眠」という言葉をよく聞きますが、これは多くの人の平均睡眠時間なだけで、理想の睡眠時間でも医学的に根拠のある睡眠時間でもないようです。

先日、「フルーツメール」という検索情報サイトが睡眠に関するアンケートを行ったところ、睡眠時間の理想と現実の間に2時間の差があるという結果が出たそうです。

「平均睡眠時間は何時間ですか?」という質問に一番多かった回答は「2時間」で、「最低、これぐらいは寝たいと思う睡眠時間は何時間ですか?」という質問では、「8時間」が一番多い回答でした。

一般的に、理想の睡眠時間よりも短い時間しか眠れない睡眠不足を感じている人が多いという結果でした。

しかし、平均睡眠時間というのはあくまでも一つの目安にすぎません。

必要な睡眠時間には、かなりの個人差があります。また、必要な睡眠の長さには生まれつきの体質によることもあり、無理に睡眠をとることも健康に良くないという研究結果もあるようです。

睡眠時間そのものにこだわりを持つのではなく、日中に眠気がなく、きちんと過ごせるかどうかを目安にする方がいいでしょう。

睡眠時間よりも、目覚めが良く、満足感のある質のいい睡眠をとるようにしましょう。

睡眠時間を短縮する方法

最近、「睡眠時間を短縮する」ことが話題になっています。

その中でも、「当たり前すぎるけど、8時間と3時間の睡眠時間では、1年で75日間も差が出来る」と題されたブログのエントリーが、特に注目されているようです。

エントリーの内容を簡単に説明すると、一日の睡眠時間が8時間の人と3時間の人では、一日5時間の生活密度の差が生じ、それは一年に換算すると75日分に値し、11年間だと825日分に値するというものです。

それに応じるように、睡眠時間を短縮することのできる短時間睡眠法を紹介したサイトがたくさん現れました。

効果のある方法も胡散臭い方法もたくさん紹介されています。

効果があったとしても、面倒だったり辛かったりする方法も多いようです。

睡眠とは、端的に言えば体と脳を休めることなので、それに適した環境を作り出せば睡眠時間を短縮できます。

例えば、耳栓とアイマスクして寝ることで睡眠環境を整えることができます。

その結果、睡眠の質が上がるので、睡眠時間が短い時間でもすむのです。

しかし、睡眠時間を短縮することで、かえって仕事の効率が落ちることもあります。

睡眠には娯楽の要素もあり、無理に短時間睡眠をする必要はないようです。

ミラクルスリープで睡眠時間を短縮する

多くの人が睡眠不足で悩んでいる一方で、睡眠時間を短縮する方法を探している人が増えています。

そんな中、ネットで話題を呼んでいる睡眠短縮方法があります。

その名も「ミラクルスリープ」。

石井陽さんの考案した睡眠短縮法です。

彼のホームページには、「はっきり言って睡眠時間4時間半以上とか人生の無駄」の文字。

では、彼はどうやってこのミラクルスリープを考案したのでしょうか。

彼は、情報起業を試みますが、時間がないという現実に直面します。

そんな時、仕事でアメリカに行ったことで転機が訪れます。友人に誘われて、自己啓発のセミナーに参加したのです。

そのセミナー講師が、13時間も話し続けるのにも関わらず睡眠時間が4時間であることを知り、衝撃を受けたのです。

これをきっかけに、彼は健康や睡眠に関する本や論文をよんだり、色々なセミナーに参加したりして、発見したことをレポートにまとめました。

その時には、そのレポートを販売する気はなかったようですが、友人に「面白い」と言われテスト販売してみることにしました。

そして、その反響の大きさに、本格的に販売することを決意したようです。

彼のレポートには、睡眠時間を短縮する方法というよりも、時間とエネルギーを作り出す方法が書かれています。

価格は、9800円。

一年間の保証や返金可能、30日の無料メールサポートなどの特典つきです。

あなたも試してみませんか。


睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法